2011年05月23日

破れたジーンズは好きですか

ファッションで破れたジーンズをはいている人がいるけど、僕はあれ、あんまり好きでないのね。

好きでない、という以前によく理解できないのである。なぜ破れたジーンズがかっこいいのか?

ちなみに僕もひざの部分が破れたジーンズを持っている。それはファッションじゃなくて、単に勝手に破れただけである

逆に、自然の成り行きで生まれたファッションは、なかなか味があっていいんではないか。

かつてマーロン・ブランドジェームス・ディーンが、当時は下着という扱いでしかなかった白地のTシャツを着てスクリーンに登場したとき、大人たちは顔をしかめ、若者たちはそれをカッコイイと思ってまねをした。現代ではTシャツはすっかり外着として定着している。

しかし最初は自然発生的なスタイルであったとしても、それを周囲がまねし出したとたんに作為が入り、全然自然じゃなくなるのであるが。ファッションのむずかしいところ。

さて、そんなに破れたジーンズがはきたいなら、こんなのはどうでしょう。
0046.jpg
破れ目もツギハギも最初からジーンズの生地にプリントされている

もろ作為的なジーンズです。でもファッションが作為的であるなら、いっそトコトン作為的に突っ走ったほうがおもろいんじゃなかろうか。


たのんます
posted by にあごのすけ at 20:00 | Comment(0) | ファッションアイデア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。