2011年06月21日

驚愕!反重力発生装置

昔、「反重力発生装置」を本気で発明しようとしたことがある。

正確には「反重力」を作るのではなく、重力に反して宙に浮くことができる機械だ。

原理は遠心力の利用にある。

ヒモにおもりをつけてブンブン振り回すと、遠心力が働き、手がひっぱられる。下方向の遠心力を何らかの方法で消し、上方向の遠心力だけを残せば、宙に浮く機械が作れるんではないか?
0075.jpg
支柱におもりをつけ、モーターで回転させる。

おもりは可動式にして、下向きに回転しているときは小さい半径を通るようにする。

これで「上向きの力」>「下向きの力」となり、これを複数個機体にとりつけることによって宙を飛ぶことができる!

でも世の中には似たようなことを考える人がいるもので。こんな動画を見つけた。



まさに僕が考えていたものと原理的には同じである。どこの国かはわからないが、特許出願もしているそうである。

でも僕の結論を言うと、こんな機械では宙に浮くことはできない。

遠心力を利用した反重力発生装置は、どこか「永久機関」と似た構造をしている。

「永久機関」とは、無からエネルギーを作り出す装置のこと。古代からいろいろなものが考案され、いまだに発明に命をかけている人がいる。でもこれは不可能だと科学的に証明されている。

理由は、「エネルギー保存の法則」に反しているからだ。入ってくるエネルギーと出て行くエネルギーとは常にイコールであり、「無」からエネルギーをつくりだすことは不可能だ(現実の発電所は、風や火のエネルギーを人間が使いやすい電力に変換しているだけで、決して無からエネルギーを生み出しているわけではない)。

反重力発生装置の前にも、このエネルギー保存の法則の壁がはだかっている。

わかりやすく「作用反作用の法則」に置き換えてみよう(とりあえず、似たような法則だと思ってほしい)。

体重70キロの自分が地面に立っているとき、実は地面も70キロの力で自分を押している。だから立っていられる。ヘリコプターやロケットが飛んでいられるのは、自分と同じ質量のエネルギーを重力に逆らって自分の下に放出しているからだ。

つまり、何かを「放出」しなければ物体は推進することはできないのである。ボートの上でいくら自分が動こうとも、ボートは前に進まない。ボートを進めるためには、水面を押す何か(オールやスクリュー)がなければならない。

よって、僕のアイデアやさっきの動画の機械では宙に浮くことはできない、たぶん。地面でバタバタ振動するだけで終わる。つまるところ、自分の髪の毛をひっぱって自分の身体を持ち上げようとしているのといっしょだ。

・・・でもこんな研究もある。ジャイロ効果を使った反重力発生装置



参考:http://quasimoto.exblog.jp/10192458/

回っているコマ(や宇宙ゴマ)は一見、物理法則を無視しているような動きをする。このしくみを活用して、反重力発生装置ができるのではないか、という試み。

こっちのほうが可能性はあるかな〜。

・・・と、またいらんことに首をつっこんでしまう自分であった。


たのんます
posted by にあごのすけ at 20:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 科学アイデア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も似たような考え(妄想)をしてました。
そんな訳でこのページを見つけたのですがw
地球の重力とは地球の自転、公転。太陽系の公転。宇宙自体も丸いとの説もありますので宇宙自体も回ってる?など想像し、ダークマターを媒体にして遠心力やジャイロ効果が重力/引力の正体と空想してました。反重力には球体の逆回転とジャイロ効果を相殺する回転なのでは?さらに回転を上げるとタイムマシーンが出来たり。知識のある人には完全否定されるのが目に見えてますがw空想は楽しいですw
Posted by たけ at 2013年05月19日 00:49
同じことを考える人はいるもんだな〜と関心しました。
上の方にあるYOUTUBEの動画と機構的には全く同じ、遊星歯車の衛星歯車側の偏芯を利用した装置の試作を18年前に試したことがあります。金銭面で断念しましたが「実現出来ない物だろうか」とネットをさまよっていたらここを見つけました。
Posted by pooh at 2013年12月20日 09:34
別のところから力を加えればいいんですよ
例えば、永久磁石

永久磁石のSとNの引き合う力と反発する力を
この回転する運動に加えれば、磁石の力の分だけ上向きの力を生み出せます

それを超高速に回転させれば、飛び上がりますよ
期待しています是非実現してください
Posted by ストロンチウム at 2014年10月09日 02:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/210490322
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。