2011年08月13日

3次元デスクトップ

パソコンのデスクトップ、すぐにファイルだらけになって困る。

昔会社の上司で、ファイルがデスクトップいっぱいになり、ファイルが何十にも重なっているというツワモノがいた。僕はさすがにそこまでひどくはないが。

いっそデスクトップを3次元映像にして奥行きを持たせ、部屋にモノを置くみたいに仮想空間内にファイルをおけるようにしたらどうだろう。
0131.jpg
こんなソフト、すでに作っている人がいるかも(今回はちゃんと調べたぞ)。と思って調べたら。

あった! BumpTopというソフト。

モニタ内に現れた「部屋」に、ファイルを立体的に好きなように置くことができる。面倒くさくなったらデスクトップのすみっこに、ゴミを積み上げるみたいにしてファイルを積んでおくことも可能。

僕もインストールしようと思い、この会社のHPに行ったところ、「会社がGoogleに買収され、それ以降配布していない」とのこと。そのうちGoogleから再配布されるんだろうか。

もっとも、海外サイトに残っているレビューを見るかぎり、「使いやすい」という意見は少ないようだ。見た目に楽しくはあるけれど、利便性はどうも・・・という意見が多かった。デスクトップがさらに輪をかけてグチャグチャになった、という人もいた。

こんな秀逸な意見も。

「現実の書類整理のわずらわしさを解決するためにパソコンのデスクトップは作られているのに、わざわざデスクトップに現実を再現してどうする」

ごもっとも。


たのんます
posted by にあごのすけ at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ITアイデア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。