2011年09月01日

ギターの可能性を広げる

ギターというのはだいたい12フレット以上あります。

単純に言うと、1弦につき1オクターブ+αの音階が出せるわけです。弦は複数(6弦)あり、ギター全体で言うと2オクターブ以上出せる楽器、ということになる。
0147.jpg
36フレットギター!というのはどうでしょう。

1弦につき3オクターブ、全体で6オクターブ?くらい音域が広がるはず。

もちろん、ひとりでは弾けません。

でも、数人がかりで鳴らす楽器というのがもっとあってもいいと思うのであります。


たのんます
posted by にあごのすけ at 22:45 | Comment(1) | TrackBack(0) | 趣味アイデア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一本のギターにギタリスト三人!ピアノにも連弾ちゅーのもあるし、三人でやる3Pちゅーのもあるし、みんなで弾けば怖くない?
Posted by 六五郎 at 2011年09月02日 14:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。