2011年06月29日

IT文明よどこへゆく

先日僕もようやくiPhoneに切り替えたのだが。

これはスゴイと感心すると同時に、一抹の寂しさと不安をおぼえてしまうのは僕だけか。

とにかくiPhoneだけでなんでもできてしまうのである。電話、メール、カメラ、ミュージックプレーヤー機能はもちろん、現在位置検索、方位磁石、アプリ次第ではゲームにも本にも外国語教材にもなる。

少年探偵団やジェームス・ボンドも裸足で逃げ出す秘密道具である。これまでのケータイにもこうした機能はあったが、スマートフォンの登場で、行きつくところまで行ってしまった感がある。もちろん、テクノロジーはさらに進んでいくのだろうが。

僕が感じる「寂しさ」とは、これまではメカトロニクスや電気工学の領域だったものが、ほとんど「ソフトウェア」でできるようになってしまったという寂しさね。

「不安」は、「人類よどこへゆく!?」という漠然とした不安。孫正義が「あと300年もすれば、すべての発明はコンピュータがするようになる」と言っていたが、この大ボラも妙に生々しく聞こえてくる。その先にあるのは、映画『マトリックス』みたいなディストピア(考え方によってはユートピアなのだが)のように思えてならんのだが。

ともかく、子ども時代にあこがれた「探偵捜査キット」などと称する少年向けおもちゃを、ふとなつかしく思い出したりするわけで。

さて、iPhoneと同様の機能を持つメカを、たとえば80年代の技術だけでつくったらどうなるだろう。
0084.jpg
上記の絵、言っとくけどたぶん長さ50センチ、重量20キロくらいにはなるはずです。

ついている機能は次のとおり。

・移動電話(昔のやたらとデカイやつ)
・テレビ(もちろんブラウン管使用)
・テープレコーダー
・メモ機能(実際に紙製のメモとペンがついている)
・地図(これも紙製。ただし耐水紙使用)
・ヘッドホン使用可能。ハンドマイクによる録音可能。
・カメラ内蔵(110フィルム使用)
・温度計&湿度計
・ハム無線機内蔵(よって免許がいる)

80年代の技術だから、ネットを見たり電子メールを送ったりすることはできない。代わりにアマチュア無線ができるところがミソか。

もちろん、こんな製品があったとしても僕はほしくない。

iPhoneのほうがいいに決まっている。


たのんます
posted by にあごのすけ at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ITアイデア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月18日

Webカメラ活用法

Skypeをインストールしている人はけっこう多いと思う。インターネットでチャットしたりテレビ電話したりできるという、あれだ。

で、僕は必然的に、Webカメラをパソコンにつないでいる。

でもテレビ電話って実はあんまり使わないんよね。遠距離恋愛してたり単身赴任してたり遠く離れたじじばばと孫がいたりしたら重宝するのかもしれんけど。

Skypeで友達と会話することはあっても、カメラはあまり使わない。別にそんなにしょっちゅう、野郎どもの顔を見て話したいとも思わないし

結局、Webカメラはほとんど使われることもなく、単なる飾りみたいにモニタにつけている。

何かいい活用方法はないものか?と思って考えたのがこれ。
0057.jpg
太極拳とか武術を自宅でマスターするためのソフト

Webカメラで映せば、型が合っているかどうかをソフトが指摘してくれる。

この技術、CGの作成とかスポーツ科学の領域ではフツーに利用されている。それをもっと安価な方法で活用できんかと。

厳密にはカメラが2台以上ないと正確な位置把握はできないのだが、1台でも擬似的に分析してくれるソフトがあれば、色々と個人で使えるかも。

たのんます
posted by にあごのすけ at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ITアイデア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月06日

勝手にのびる!延長コード

マンガ『ドラえもん』の影響を受けて育った男は多く、僕もまたそのひとりである。

ドラえもんと言えば秘密の道具だ。子ども時代のみならず、いまになっても「あんな道具があったらいいな〜」と思うことがある。

道具の多くは荒唐無稽、すなおに笑い楽しめるものがほとんどだ。ところが一部の道具は、時代が追いついてしまった感があるものもある。

「新種植物製造機」なんてその典型だ。電子顕微鏡で遺伝子を操作し、さまざまな新種生物をつくることができる。ところがのび太がメチャクチャいじっているうち、足の生えた大根が大量発生し、踊りまくる大根に取り囲まれてとりかえしのつかない状況になる、というストーリー。

この話、読んだ当時は面白かったのだが、いま読むとコワイものがある。なぜなら実現可能なほどに技術が進歩したから。

光るクラゲの遺伝子を別の動物に組み込み、「光るメダカ」とか「光るネコ」が実際に誕生している。踊りまくる大根ってのも実現可能かもしれない。

遺伝子操作するなら、こんな植物はどうか。
0060.jpg
茎がそのまま電気ケーブルになっていて、コンセントの形をした花を咲かせる。ツタのようにあちこちに伸びるので、コンセントがないというときに便利、その辺に生えているコンセントにさせばよい。

「タコ足配線」
ならぬ「ツタ状配線」。便利そうだが、漏電とか断線とかしそうでちょっとコワイかな。


たのんます
posted by にあごのすけ at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ITアイデア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月15日

魔法の鏡を再現する

現在の科学技術ってのは、実は中世の魔術思想の影響をけっこう受けている。

現代の物理学や化学も、もとをたどれば中世の錬金術にさかのぼることができる。

で、思ったら「テレビ」というのも、たぶんもとは魔術的発想なんやろね。

鏡の中に悪魔を呼び出したり、遠くはなれた場所や未来の映像を映し出したりする魔術は存在した(実際そんなことができたかどうかはともかく)。おとぎ話「白雪姫」にも魔法の鏡が出てくるね。

さて、原点にかえって、アンティークな鏡型パソコンモニタなんてどうだろう。
0039.jpg
スリープ時にはホントに鏡に変わったりしたら、雰囲気出ることまちがいなし。

もっとも、四角い画面が前提のOSをいかに楕円形のモニタに映し出すかという問題が残る。

まあそのへんは、テキトーなアプリでもつくったら対応可能か。

たのんます
posted by にあごのすけ at 20:00 | Comment(0) | ITアイデア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月11日

ビデオチャット用プロンプター

Skypeなどでビデオチャットすることがあるが、問題は「目線」ね。

WEBカメラは通常、パソコンモニタの上部に取り付ける、しかし相手の顔はモニタに映る。結果的に、ビデオチャットしても互いに伏し目がちになり、目を見て話すことができない。

ビデオチャット用のプロンプターはないものか。
0034.jpg
プロンプターってのは、テレビ放映用の字幕表示機械のこと。

最近のニュースキャスターや、アメリカ大統領が演説に使っている。カメラに向かってスラスラしゃべっているように見えるが、実はカメラの前に字幕を映し出す機械があって、それを読んでいる。で、字幕は片方からしか見えないしくみになっているわけ。

パソコン用のプロンプター、すぐにできそうな気もするんだが。というかすでに商品化されている? 実は試作機が手元にあるので、興味ある方はお問い合わせください。

たのんます
posted by にあごのすけ at 20:00 | Comment(0) | ITアイデア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。