2011年08月21日

アリバイをつくる

ちょっと変わったブログを見たことがある。

ブログの主は、病と闘っている女性。日々の闘病生活をブログにつづる。ところが女性は、不幸にも亡くなってしまう。

だが本人が亡くなったあとも、ブログは更新され続けているのである。それも本人によってである。亡くなった1年後やクリスマスなど、節目に本人によるコメントがブログに投稿される。

タネを明かせば彼女は、ブログの「投稿日付指定」機能を使っていたのである。亡くなる前に、日付指定した記事をたくさん書き残していたらしい。今後も数年間は、彼女による記事投稿があるわけである。

感動的ではあるが、どこか奇妙な話ではある。

映画バッファロー'66で、ヴィンセント・ギャロ演じるヘタレなチンピラが、友人に奇妙な頼みごとをするシーンがある。

チンピラははめられて、数年間刑務所暮らしをするはめになる。ところがそんなことは、両親に口が裂けても言えない。親が怖くてたまらんのである。

そこで彼は友人を呼んで頼みごとをする。

「オレは遠いところに仕事に行っていることにするから。おとんの誕生日にはこれを実家に郵送してくれ。おかんの誕生日にはこれ、クリスマスカードはこれだ。間違えるなよ! オレが監獄にいるなんてバレたら困るんだ!!」

友人はいやいやそれを引き受ける。

され、こんな感じの「アリバイサービス」なんてどうでしょう。
0137.jpg
数年間にわたって、ブログの更新やSNSへの書き込みをしてくれる。友人知人への年賀状も出してくれる。

その間、自分は浮世を離れて世界を放浪するなり、インドにこもって修行するなり、単純に自分の家にひきこもるなり、好きなことをすればよい。

もちろんこれをするにあたっては金が必要だ。

まあ、金があって好きなことをするんであれば、別に姿をくらます必要はないとも言えるが。世間のしがらみから一時的に自由になりたい人のために。


たのんます
posted by にあごのすけ at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会アイデア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月07日

究極のエコカー

エコカーなんてもはや時代おくれ! これぞ究極のエコロジー!

ジブリの『となりのトトロ』「ネコバス」なるものが登場する。あれを実現するのだ。
0120.jpg
つまり、猫(でも犬でも馬なんでもいい)に遺伝子操作をして、「猫カー」に改造するのだ。

メリットはたくさんある。

1.舗装道路がなくなる! 猫カーは足で走るので、道路を舗装する必要がない。都市部でも道路がすべて土に戻され、緑が生い茂ることになる。

2.燃料不要! 道路に生えている草を栄養とするので、ガソリンなどの燃料がいらない。

3.排気ガスが出ない! 生き物なので当然排気ガスが出ない。かわりに道路でフンをする。フンは自然に肥やしとなって、道路の草の栄養分となる。究極のリサイクル!

4.安全! 他のクルマに衝突しそうになったら、猫カーが自分の判断で身をかわしてくれる。万が一衝突しても、車内は体毛がフサフサにはえていてやわらかく、天然のエアバッグになる。まず大ケガにはならない。

5.生産がラク! 普通に交配して、牧場で増やせる。工場が不要になる。


もちろん、機嫌を損ねると運転しにくい、猫カー同士のケンカに巻き込まれる危険性があるなど、問題点もある。

でも、乗り物すべてが生き物になったら面白いかな、と思ってみたり。

たのんます
posted by にあごのすけ at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会アイデア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月03日

すべてのものにIDを

僕はとにかく、整理整頓がニガテなのだな。

昔、所有している本の名前や著者名を自分でパソコンに打ち込んでデータベース化したことがあったが、途中で面倒になってやめてしまった。いちいちやってられん!というわけ。

いっそ、すべてのモノに最初から固有のIDが割り振られていたら整理が楽なのだが。
0117.jpg
すべてのものにIDチップを埋め込む。専用のリーダー(たとえば携帯内蔵リーダー)で識別する。で、自分の持っているものすべてをパソコンで管理できる。

情報をネットで共有すれば、たとえば自分が昔売った古本をいま誰が持っているか、なんてのも追跡できる。便利というよりちょっと怖いか。

でも、人体に埋め込めるIDチップはすでに開発されているそうな。これはさすがに怖い。

たのんます
posted by にあごのすけ at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会アイデア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月19日

ニューヨーク1997

善とは何か、悪とは何かを真剣に考え出すと、とたんに哲学的堂々巡りにはまってしまう。

法哲学のことはよく知らないが、法律上は一般に、他人に損害や危害を与える行為が「悪」、つまり違法とされているようだ。

かと思えば、誰にも危害を加えないのに禁止されている行為もある(バイク運転時のヘルメット着用とか)。

「死刑になりたいから犯罪を犯した」という輩がいるこのご時勢、犯罪者を法で裁くのにどこまで効力があるのか、疑問に思うこともある。

かつての日本の村社会では、村の掟に背いたものは処罰の対象になったが、人々の理解をはるかに超える悪行をしでかした者は、掟の対象外として、処罰されずに村から追放されたらしい。

昔のB級SF映画にニューヨーク1997というのがあった。時代設定がすでに過去になってしまったが、近未来はニューヨークが隔離されて巨大刑務所になっていて、犯罪者はそこに放り込まれる、というストーリー。放り込んだあとは政府は関知せず、囚人たちの自治にまかせている。処罰せずに追放、または放置するわけである。

日本にもそんな区画があってもいいかも。
0104.jpg
どこかの離れ小島、無人島を「刑務所」にして、囚人を放り込む!

そのあとのことは、島で殺し合いや奪い合いが起ころうとも関知しない。その島では非常にアナーキーな世界がくりひろげられることになるけども、そんな「何をやってもいいが安全も人権も保証されない世界」を彼らは望んだのだ。

もっとも、アナーキズムは本来は全然過激な考え方ではなくって、「政府や法律がなくても人々は良心をもって仲良く平和にやっていける」という、まっとうかつ理想的な主義思想なんだけれども。

たのんます
posted by にあごのすけ at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会アイデア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月15日

北極はどうして寒いんだ

日本はこんなに暑いのに、北極は南極はどうして寒いんだ!

・・・ま、あたりまえですが。

いっそ、巨大ダクトを北極から日本までひっぱって、冷気を全部ひきこんだらいい。
0102.jpg
自然の冷気を活用した、エコなクーラーが利用できます。

・・・というわけにはならず、こんなことしたらたぶん台風が来なくなったりとかして、地球規模の大変動がおこることまちがいなし。

たのんます
posted by にあごのすけ at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会アイデア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。