2011年06月19日

電車を「動く歩道」にしてしまおう

思うに、電車というのは、乗客よりも電車本体のほうが相当重たいのではないか。

計算したわけではないが、目的よりも手段のほうにかなりの電力を使っているわけである。

これは効率が悪い!

いっそ、電車を「動く歩道」に代えてしまったらどうか。
0073.jpg
大阪なら大阪環状線、東京なら山手線を、ループ状の動く歩道にしてしまう!

これでかなり省エネになるんじゃないかと思うけど。


たのんます
posted by にあごのすけ at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会アイデア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月17日

電波ジャックしてクーラーをつけよう!

電源なしでもラジオが作れる!

・・・と言うとピンと来る人はいるかもしれませんが。

電気回路の基本中の基本に、「ゲルマニウムラジオ」というのがあって、こいつは電池や電源がなくてもラジオが聞けるのだ。

ことわっておくが、「手回し発電機付ラジオ」のことではない。アンテナを何メートルもはりめぐらせて電波をひろうと、電波そのもののエネルギーで、小さいイヤホンなら鳴らせるのである。

ようは、電波にも電力がある、ということを言いたいのだが。

ならば、空中を漂っている電波をちょっと拝借して、家庭で扇風機を回したりクーラーをつけたりすることも可能ではなかろうか。
0071.jpg
このイラストにあるようなショボいアンテナでは全然ダメだとは思いますが。

たのんます
posted by にあごのすけ at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会アイデア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月16日

「手間」を貯めておける銀行

いま、原発問題とかで「発電所でつくった電気は貯めておけない」とか言ってるけど。

充電池がどんどん進歩しているので、この問題は近い将来解決すると思われ。すでに現在、リチウムイオン電池を利用した「家庭用大容量充電池」が売られている。

貯めておけないものって、他にもいろいろある。

たとえば「体力」「気力」「時間」などなど。

元気なときは、何かやることないかとすすんで用事をつくり、呼ばれればどこへでも喜びいさんででかけていく。ところがいったん元気がなくなると、近所のスーパーに買い物に行くのもおっくうになってしまう。

そこで「手間」を貯めておける銀行なんてどうでしょう。
0072.jpg
元気なときは、「手間銀行」のサイトにアクセスし、自分ができる課題をさがす。

たとえば「○丁目の○○さんが、スーパーでたまごを買ってきてほしいらしい」とか。

たまたま自分がその近くに行く用事があって、なおかつ元気で時間の余裕もあったら、この課題をこなす。

課題を達成すればポイントが貯まる。

で、自分がおっくうなときや忙しいときは、ポイントを使って依頼をサイトに投稿し、今度は逆に誰かにたまごを買ってきてもらうとか。

・・・言ってみればコレ、一種の互助組織やね。昔の村社会とか下町社会とかでは、自然とこういう助け合いをやっていたんだろうけど。

それはそれで人づきあいが面倒な部分もあり。

たのんます
posted by にあごのすけ at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会アイデア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月07日

悪い子のための、サーカス体験研修

「そんな悪い子はサーカスがやってきてさらわれるぞ!」

親からそんなふうに脅された経験のある人はいるだろうか。最近の若者は知らないかもしれないが、昔は子どもをしつけるときの常套句だったらしい。

東北地方でなまはげがやってきて「悪い子はいねーかー!」と子どもを脅す、あの風習といっしょである。

ちなみに「サーカスが子どもをさらう」というのはもちろん根拠のない話で、実際にサーカス関係者がマスコミに釈明したこともあったらしい。

でも「しつけ」と「トラウマ」って紙一重のところがあるのたしか。やりすぎると単なる児童虐待になってしまうけれど。

「サーカスが人をさらう」という都市伝説を利用して、こんな「しつけプログラム」はどうでしょう。
0061.jpg
1.サーカスのピエロの集団が、依頼者の自宅に押しかけ、本当に「悪い子」を連れ去ってしまう!

2.「悪い子」はサーカスで、空中ブランコ乗りになるためのスパルタ式の教育を受ける。粗末な食事と寝床で暮らす。

3.「悪い子」はサーカスを脱出し、子どもを捜しにきていた(実は前もって決まっていた計画通りに)両親と感動の再会! 子どもはもう悪いことはしないと心に誓う。

2泊3日の研修プログラムです。いかがでしょう。

一歩間違えば、某ヨットスクールみたいになってしまいそうですが。

たのんます
posted by にあごのすけ at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会アイデア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月02日

タダでは降らせない

雨に向かってひとこと。

「タダでは降らせないぞ!」

というわけで、雨を利用した水力発電。
0048.jpg
雨の流れでタービンを回し、発電する!

・・・まあ実際には絵のようにはならんでしょう。

もっと大量の水を、高いところにためなければならない。

で、高さ100メートルの高層ビル屋上に10トンの雨水をためたとすると、

100m×9.8m/s(重力加速度)×10トン = 9800KJ = 9800キロワット秒。

計算省くけど、100Wの電球が1日光るだけの電力・・・?

計算合ってるんかいな。どのみちあまり有効な発電方法じゃないね。


たのんます
posted by にあごのすけ at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会アイデア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。