2011年05月31日

内容のない有意義な会話

思えば、日常話している会話で中身のあるものなんてほとんどない

意味のある会話と言えば、仕事での会話、約束、何かを決めるとき、何かを人にたのむとき、くらいしかないのではないか。

あとはどうでもいい会話ばかりである。

だからと言って無意味とは思わない。やっぱり「言葉」は、昔サルだった頃の「鳴き声」に由来しているんだろう。お互いの存在確認ができれば、内容に関係なく会話は役目を果たしている。

でも、仕事の愚痴なんかを電話でえんえんと聞かされると、さすがにシンドイものはあります。

そこで「電話自動応対機」なんてどうでしょう。
0052.jpg
相手の話に、テキトーに「へえ」「それで」「ふうん」「そうなんだ」などと、自分の声でランダムに返事してくれる機械です。

バレたら相手はさぞかし怒ることでしょう。だからスピーカーホンにしておいて、必要なときだけ機械を止めて自分で返事できるようにしておく。

でも会話がだんだんとりとめがなくなってきて、

A「ふう」
B「それで」
A「うん」
B「そうか」
A「ふうん」

こりゃ変だ、と思ったら、向こうも実は同じ機械を使ってたりして。


たのんます
posted by にあごのすけ at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会アイデア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月25日

紙を有効にリサイクル

昔なにかのイベントで、どこかの団体が省エネ・省資源に関する展示をやっていたのを見たことがある。

展示内容は、「牛乳パックからはがきを作る」というものだった。牛乳パックを水に溶かしてパルプ状にし、紙すきをしてはがきにする、というものである。

でもこれってホントに省資源になってるのん? つくられたはがきも展示されていたが、デコボコ、ギザギザした不恰好なものだった。実際にこれではがきを出しているんだろうか。まあ絵手紙とかには向いてるかもしれない。

僕なら、いらない紙をもっと有効にリサイクルしたい。
0050.jpg
新聞やチラシ、牛乳パックも、上部のシュレッダー部分からどんどんつっこんでいく。

内部で紙がパルプ状になり、自動的にトイレットペーパーに再生してくれるという機械。

こんな機械があったらほしいかな。値段にもよるけど。

もっとも、トイレットペーパーって気がつくとなくなってたりして、僕にはそっちのほうが現実味のある問題だったりする。

たのんます
posted by にあごのすけ at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会アイデア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月21日

自らを痛めつけて許してもらおう

いまは亡き作家・中島らもは、広告会社に勤めていた頃、しょっちゅう頭を坊主にしていたという。

仕事で失敗をしたとき、先手を打って頭をまるめて顧客のところに謝罪にいったら、「何もそこまでしなくても」とたいてい向こうがビビッて、許してくれたそうな。

そこで考えたのがこの装置。
0043.jpg
頭に装着する。この装置にはパンチンググローブが取り付けられていて、頭を下げると自動的に自分の頭を「ポコポコ!」と殴る。

自ら罰を与え、これだけ反省してるから許してくれ、とアピールするわけね。

うーん、よけいに相手を怒らせるか、バカらしくなって怒る気もなくなるかのどっちかやろね。

たのんます
posted by にあごのすけ at 20:00 | Comment(0) | 社会アイデア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月07日

原発をどこにつくるか

原発事故が大きな問題になってますな。被災された方々、さらに原発で命がけで作業しているみなさん、心境お察しします。

でも僕は、原発反対かというとそうでもない。

ひとつは(これは僕の責任だが)判断を下せるほどの知識を僕は持っていない。もうひとつは、原発にもそれなりのメリットがある。

火力発電は日々、有害物質を空気中に撒き散らすのに対し、原発はいちおうはクリーンなエネルギーである。ただし、核廃棄物の処理に膨大な時間がかかるし、万が一の時には大量の放射能を放出してしまう。仮に原発を廃止した場合、代替エネルギーをどうやって確保するのかという問題もある。

いっそ、原発を月につくってはどうか。
0032.jpg
事故が起こっても地球環境に影響は出ない。つくった電力は、無線で地球に伝送する(この技術はまだ開発途上だが)。

しかし、これは僕の直感的感想だが、地球で使うものは地球内で処理したほうがいいような気もする。たとえば、ゴミを宇宙に捨てるようになれば、長い年月のうちに地球はスカスカになってしまうだろう。それと似た危惧を感じる。

とりあえずひとつの提言ということで。

たのんます
posted by にあごのすけ at 20:00 | Comment(0) | 社会アイデア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月01日

コミュニケーションが苦手なあなたに

頭の上にとりつける、ふきだし型液晶モニタ
0026.jpg
ふだんから、声が小さい、無表情だと言われて悩んでいる人にピッタリです。

しゃべった言葉を自動認識して、液晶に文字として表示します。声の抑揚を解析して自動的に顔文字を表示させることもできます。

イジワルな使い方としては、人のホンネとタテマエを視覚化するのに使えるかもしれんね、これは。

血圧計・心拍計を身体にとりつけ、声のトーンといっしょに解析し、その人の本心をふきだしに映し出すのだ。

で、笑顔でしゃべってるのに、頭上のふきだし型モニタには泣き顔の顔文字が表示されてたり、とか。

たのんます
posted by にあごのすけ at 20:00 | Comment(0) | 社会アイデア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。