2011年07月09日

最小限のスペースでクーラーを!

クーラーとくれば、気になるのが電気代です。

日本は先進国の中でも飛びぬけて電気代が高いらしいですが、夏になると電気代が倍になって請求されたりして、僕は度肝を抜かれるわけです。

よくよく考えれば、部屋全体を冷やす必要なんかないわけです。
0094.jpg
とにかく自分が涼しければいいわけだから、こんな「防護服」みたいなのとクーラーを直結すれば、電気代節約になること間違いなし!

これは極端な例ですが。

僕はデスクの前にいるかベッドで寝ているかのどちらかですので。そこだけ、『ブラックジャック』が屋外で手術するときに使う即席無菌室みたいな、小型ビニルハウスで囲めば、かなりの省電力になると思われ。


たのんます
posted by にあごのすけ at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「住」アイデア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月08日

より自然な涼風を生み出す

最近は暑さに屈して、クーラーをかけている。

一度かけてしまうとおしまいである。クーラーがなければ快適に暮らせない。デスクの上では、相変わらずUSB電源の小型扇風機が回っている。

扇風機の風が苦手だという人も多いようだ。

かつて、「うちわの風に近い自然な風」を起こせる扇風機なるものが商品化されていたが、いったいどういうしくみなのかよく知らない。たしか、うちわみたいに風が周期的に強弱する扇風機だったような気がする。

そんなに「うちわの風」がほしいなら、いっそうちわを電動化すればいい。
0093.jpg
イラストをご覧いただいたとおり、説明不要の機械。

どうでしょうね。

たのんます
posted by にあごのすけ at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「住」アイデア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月28日

太陽光をはねかえせ!

だんだん暑くなってきた・・・。

クーラーはまだつけてない。

というか先日誘惑に負けてクーラーをつけようとしたら、電源が入らなかった! 調べたところ、壊れているのクーラーでなくてなぜかコンセントのほうだった。とにかくそれを理由に、まだまだふんばるつもり。

ドアとベランダの窓を開ければ、細長い部屋なのでけっこう風が通っていく。

扇風機はあるが、千円かそこらで買った、USBで動く卓上扇風機。まあ大半はパソコンの前にいるので、これで事足りる。当分は。

しかし室内はどうしてこうも熱気がたまるのだろう。

気温30度のはずが、室内は35度だったりする。

たぶん太陽の光がマンション全体を暖めていると見た。
家全体を鏡張りにして太陽光をはね返すってのはどうだろう。
0083.jpg
冬場は自動的に、黒色のガラスに変わり、熱を吸収して室内を暖めてくれる。

ところで僕は、屋根に太陽電池をとりつけた家はあまり熱がこもらないんではないかと考える。素人考えですが。

現在の太陽電池パネルのエネルギー変換効率は20%程度。残りの80%は反射されるか、パネルか屋根に熱となって吸収される。太陽電池が普及し、変換効率がさらによくなって太陽光の大半を電気に変えられるようになれば、近い将来、都心部でもけっこう涼しくなるのではないか。

でもこんなニュースもある。
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20110615001

2020年から太陽の活動が弱まってミニ氷河期がくるかも?というニュース。

10年後には打って変わって、「もっと地球を温暖化させよう!」とみんな騒いでたりして。

たのんます
posted by にあごのすけ at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「住」アイデア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月12日

部屋を片付けられないアナタへ

僕は部屋が片付けられない。

片付ける努力はしているが、散らかる速度になかなか追いつかないのだ。

それはたぶん僕のかたづけるスピードが遅いからで、さらに言うと「分類」が下手だからである。

メチャクチャにちらかった部屋、とりあえず「本」と「書類」と「服」を片付けようとスタートする。すると「音楽CD」が大量に出てきたりして、僕はとまどう。しかたなく「CD」という箱をつくって分類する。すると今度は「サングラス」が出てきたりして、僕は再びうろたえる。

結局、見た目はなんとか片付いても、何が入ってるかよくわからない「その他」と書かれた大きなダンボール箱が残ったりする。

そうじするたびに「その他2」、「その他3」とよくわからない箱が増えていく。で、ついにはそれを開けて再分類しなければならなくなる。まことに非効率的である。

モノをカンタンに分類してくれる装置があればいいのだが。
0065.jpg
回転する機械に本でも服でもとにかくかたっぱしから放り込む!

で、とりあえず重量によって分類してくれるという機械。

あんまり実用的な感じはしないが。

たのんます
posted by にあごのすけ at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「住」アイデア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月10日

和とハイテクの融合ここに!

タイに行って驚いた

公衆トイレに入ったら、どこもかしこも「和式」なのである。正確には日本の和式便所とはちがうが、同じようにしゃがんでするタイプのものである。

しかしもっと驚いたのは、紙がないことだった。代わりに、便器の横に水道の蛇口と桶が置いてある。

これでトイレを流し、尻も洗うというわけだ。ある意味、日本よりも清潔か。

全国2000万人の和式便所ファンに朗報!!
0062.jpg
和式便所に「ウォシュレット」がついているという商品である。

ありそうでなかったこの商品。いや、誰もが考えるだけで商品化しなかった商品。

いや、僕が空想してるだけです。これは商品化されることはないでしょう、たぶん。

たのんます
posted by にあごのすけ at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「住」アイデア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。