2011年06月03日

鳥よけ目玉は役に立たない

鳥をよけるための、目玉の模様をした風船がある。

黒とオレンジ色の、文字通り「ギョッ!」というイメージを具現化したような風船だ。

屋根の上とか田んぼとかで時々見かける。

ところが先日、アゼンとしたのだが。

ある民家の屋根の上に、「これでもか!」というくらいに目玉風船がたくさんぶら下がっていた。ところが驚くことに、その同じ屋根の上に「これでもか!」というくらい大量のハトが羽根を休めていたのだ。

ハトたち、目玉風船をこわがっているようすはまったくない。それどころか、わざわざその屋根を選んでハトが集団で集まるなんて、これはもはや確信犯、ハトによる嫌がらせなのではなかろうか。

そこの住人は、ハトによっぽど好かれているか、ハトによっぽどうらまれているかのどっちかだろう。

さて、改良型の目玉風船。
0056.jpg
風船にセンサーがついていて、ハトを認識するとプロペラでフラフラ、フラフラと追いかける!

これはきっとコワイよ。まるで幽霊にたたられているようだとハトは思うにちがいない。まあハトが幽霊がどうのとは考えないだろうが、とにかくコワイはずだ。

センサーの調子がおかしくて、夜道でまちがって僕をおいかけてきたりしたら、僕はきっと叫んで逃げ出し、幽霊を見たと周囲にあることないこと吹聴してまわることでしょう。


たのんます
posted by にあごのすけ at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「住」アイデア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月20日

節電!ついてくるライト

節電が叫ばれています。ところが僕は、いったいどこをどうすれば節電になるのか悩んでいる。

僕はふだんはあまりライトをつけないほうだ。そのくせ電気料金はあまり安くない。思い当たるのはパソコン機器だが、こればっかりは電気を落とすわけにはいかない。

で、個人的な話、僕の自宅兼事務所はやたらと長細いのだ。

広くはないが長細い。元来、事務所向け物件なので、こんなへんなつくりになっているのかもしれない。

こういう部屋には、自分についてきてくれる照明器具があれば便利だ。
0036.jpg
天井にレールを設置し、人の動きを感知して照明器具がついてくる!

でも実際こんなもの設置したら、照明器具を動かすためのモーターが必要になったりして、よけいに電気を食うかも。むずかしいところ。

たのんます
posted by にあごのすけ at 20:00 | Comment(0) | 「住」アイデア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月10日

蜂の巣は住みやすいか

一番効率的かつ強度のある形は、六角形らしい。

蜂の巣なんかもろにそうだし、ジャンボ機にも六角形からなる構造(ハニカム構造という)をした素材が使われている。

部屋もいっそのこと、六角形にしてはどうだろう。
0037.jpg
単純に、僕は長方形をした部屋に飽きたのだ

もっと変わった形の部屋があってもいい。となると必然的に六角形の部屋が候補にあがる。

三角形だと部屋の隅が使いにくいし、五角形や七角形となると部屋と部屋のあいだに不要なすきまができる。

家具が置きにくいと言うなかれ。長方形の部屋が流行ったから、結果的にそれに合った家具が増えただけだ。

六角形の部屋が普及すれば、必然的にそれに合った家具も増えてくる・・・かも。

たのんます
posted by にあごのすけ at 20:00 | Comment(0) | 「住」アイデア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月03日

天然の汲み上げポンプ

天然ネタをもうひとつ。

植物は土の中から水分を汲み上げ、葉まで送り込みますが、この汲み上げる能力がスゴイらしいです。

人が作ったポンプではせいぜい10メートル汲み上げるのが限度ですが、たとえば高さ100mあるメタセコイアでも、ちゃんとてっぺんの葉っぱまで水分が行き届いています。

その原理は、おおざっぱに言うと次のようなものらしいです。

1.毛細管現象。たとえば、乾いた雑巾の一端を水につけているだけでも、水が上がってきて雑巾全体をぬらしてしまう、そういう現象です。

2.浸透圧。たとえば魚の切り身に塩をかけると、どんどん水分が抜けていく。土中の水よりも植物内の水分のほうが塩分その他ミネラルの濃度が高いので、自然と水を吸い上げるらしい。

3.葉からの水分の蒸発。葉からは水分が絶え間なく水蒸気になって蒸発していきますので、その力のバランスで根からは水が吸い上げられるらしい。

ややこしい話はともかく。

木を利用した天然ポンプ。
0028.jpg
木の葉から蒸発する水分をうまい具合に回収し、高いところにある貯水槽にためるというもの。

木がどのくらいのスピードで水を汲み上げているかが問題ですが。けっこう実現可能かも。

たのんます
posted by にあごのすけ at 20:00 | Comment(0) | 「住」アイデア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月02日

天然の防犯装置

さまざまなアイデアを形にした防犯グッズや防犯装置がいろいろ売られていますな。

ここで原点にかえって、サボテンを利用した天然の防犯装置はいかがでしょう。
0027.jpg
玄関のまわりでサボテンを育てる。ただそれだけです。

サボテンにはとげがありますから、鉄条網の代わりになります。

それからこれはちょっとウサンクサイ説ですが、植物内には生体電位というものがあって、周囲の状況によって変化するらしいです。

不審者が侵入したり、サボテンに触れることによって生じた電位の変化を測定し、それによってアラームを鳴らすなんてこともできそうです。

全然関係ないときにアラームがなる可能性もありますが。

たのんます
posted by にあごのすけ at 20:00 | Comment(0) | 「住」アイデア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。