2011年08月29日

カレンダーのような時計のような

ご覧のとおり、時計です。

普通の時計とちょっとちがうのは、短針が「月」、長針が「日」を指すようになっているとこです。
0145.jpg
つまり、時刻ではなく、「何月何日か」を表示する時計なわけです。

短針は1月から12月まで。長針は1日から31日まで。月によって日数が違うので、その辺をどうするかは検討しなければいけませんが。

「今年ももう半分すぎたか〜」などと、視覚的に実感することができます。


たのんます
posted by にあごのすけ at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 道具アイデア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月28日

本当に恐怖を感じるゲーム

時々、「残酷な描写」があるマンガやゲームが問題になることがありますな。

子どもに悪影響があるとして、発売規制運動が起こったり、R指定になったりする。

実際に悪影響があるのかは僕は知らない。ただ、ふだんからこうした仮想世界に接している人間のほうが、実は現実とそうでないものの区別がついていたりする。

何年か前に、あるCMで同じタレントが何十人も同時に登場していっしょに踊る、というものがあった。

普通に考えると明らかにCGだと気づくが、あるブログに「ウチのじいちゃんがあのCMを見て、『あいつはあんなに兄弟がいるんか』と驚いていた」というエピソードが載っていた。

最近僕は、iPhoneアプリの戦争シミュレーションゲームにはまっていた時期があった。ところが、とほうもない時間を無駄に費やし、戦争のむなしさをあらためて実感した次第(動機が不純だ)。

さて、シューティングゲームや戦闘ゲームで、真に迫った死の恐怖を演出したいなら、こんなのはどうでしょう。
0144.jpg
ゲームの世界で死ぬと、実際にゲーム機が爆破し、取り返しがつかなくなるというもの。

このゲームを通して、プレーヤーは「一度きりの命」を体感することができるのだ。

たのんます
posted by にあごのすけ at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会アイデア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月27日

歯車都市

都市を細かい区画に分ける。

それぞれの区画を巨大な歯車の上に乗せ、1日かけてゆっくりと回転させる。

そんな歯車の集合体が「歯車都市」である!
0143.jpg
わざわざ時間をかけて、街の離れた場所に行く必要がない。歯車は連動して周期的に回転しているので、「歯車時刻表」を見ながら、自分が行きたい場所が近づいてくるのを待てばよい。

さらには、どこにいてもゆっくりと回転しているので、日照問題の解決にもなる。

・・・もちろんこんなこと現実的に考えてはいないが。SFとかゲームの舞台設定として使えるかも。

たのんます
タグ:都市 交通
posted by にあごのすけ at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会アイデア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月26日

ヘリクツをつくる

90年代、哲学の世界では有名なソーカル事件というのがあった。

ソーカルという人物が、科学用語や数学用語を適当にならべてチンプンカンプンな嘘の哲学論文を作成し、有名な評論誌に送ったところ、掲載されてしまったという事件である。

『ホレ見てみい! 哲学者はゴタクを並べて世界をわかった気になっているが、実は何もわかってない!』と大騒ぎになった。

まあ、現代の哲学という学問が、それだけ混乱しているということなのだろう。

さて、ITの世界では長年、人間の言葉を理解しあやつれるコンピュータプログラムを研究しているが、うまくいったためしがない。

なんとなくそれらしい会話はできても、どこかぎこちない。それはたぶん、人間には『生活』があるのに対し、コンピュータにはそれがないからだと思う。

さて、ネット上には、デタラメな文章を生成するプログラムが無数に転がっている。

『ヘリクツをこねる』ことに特化したプログラムはいかがだろう。
0138.jpg
最初に『○○は××である』と入力し、ボタンを押せば、そのデタラメな理由を自動生成してくれるというもの。

もちろん単なる遊びのプログラムだが、例のソーカル事件みたいに『ゆーてることは難しくてよくわからんが、なんとなく伝わった』という人が出てくるかもしれない(悪用禁止!)。

ちなみに人間は、リクツ立てて話すよりも、ヘリクツをこねるほうが断然得意である

ところがこれが人間の人間らしいところなのだ。

リクツだけで会話することは不可能に近い。人間が重要視するのは『理解』ではなく『納得』である。筋が通った会話しか許されなくなったら、文学も詩もなくなり、人間は言葉で感動することができなくなってしまうだろう。

たのんます
posted by にあごのすけ at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 分類不能アイデア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月25日

手錠にモザイク

テレビのニュースで、いつの頃からか、容疑者にはめられた手錠にモザイクがかかるようになった。

ネットで調べると、『手錠には見せしめの意味があり』『それを映すことは、まだ容疑者(疑わしいが罪は確定していない)である人物の人権侵害にあたる』かららしい。

でも、だとしたら、まだ疑わしいだけの『容疑者』に対し、マスコミがこぞって呼び捨てにしてその悪行をあることないこと報道するのも変な話である。

手錠が映って具合が悪いなら、いっそ手錠を肌色にしてしまえばいい。
0141.jpg
遠目に見れば手錠だとはわかりません。モザイクをかける手間が省けるというものです。

たのんます
posted by にあごのすけ at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会アイデア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。