2011年08月24日

ダイナミックなそうめん

流しそうめん、というのがありますな。

子どもの頃に1回食べた記憶がありますが。

「なんでわざわざ流して食う!?」と疑問に思う反面、こういうこだわりがいかにも日本文化らしくて好きであります。

さて、もっとダイナミックな流しそうめんはいかが。
0142.jpg
名づけて『ジェットコースターそうめん』または『大車輪そうめん』

高速回転するトイにそうめんが流れているわけです。遠心力で、上下左右にそうめんがグルグルと流れ、どこからでもそうめんをすくうことができます。

来年のそうめん界で大ブームとなることまちがいなし!


たのんます
posted by にあごのすけ at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「食」アイデア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月23日

ひきこもり対策

90年代末、日本における「ひきこもり」という問題を最初に大々的に紹介したのは、斉藤環という精神科医である。

ところがこの人、アニメ、マンガ、映画にやたら詳しく、評論をたくさん書いているサブカル系の人なのだった。さらには、ひきこもりは精神的に自己完結しているという点で人間のひとつの理想型であるとさえ言っている。

ひきこもりを紹介した学者は実はひきこもりを肯定していた、という奇妙な話。

僕は、ひきこもりに関しては特に意見はない。本人と家族が納得できていればそれでいい(ほとんどの場合納得できていないから問題なのだが)。

僕はむしろ、ひきこもりが不可能になったことが現代人の悩みなんじゃないかと感じている。家にこもっていても、ネットやケータイなどでいくらでも外とつながれる。『孤独』になることが困難になってしまった。中途半端に外とつながっているから、物事がいっこうに変化しないし、変えようともしない。

『孤独』が社会問題になるとすれば、それはひきこもりではなく、独居老人のほうであろう。

とはいえ、ひきこもり息子をなんとかしたいと思っている親御さんは多いことだろう。そんな一家のために、こんな荒療治はいかが。
0140.jpg
ひきこもりが外界とつながっているインターネットやテレビの情報をジャックする。

そして別の情報を流してしまうのだ。

『地球に隕石が衝突する!』といったデマ情報を流して動揺させるのもよし。外に出たくなるような情報をひそかに紛れ込ませるもよし。

一歩まちがえば洗脳になってしまうが。まあ、案ということで。

たのんます
posted by にあごのすけ at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会アイデア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月22日

外のほうが涼しかった

猛暑も過ぎ去り、ようやく涼しくなってきました。残暑が厳しいという予報を聞きましたが、どうなんでしょう。

さて、クーラーですが、部屋はやたらと熱がこもっていてクーラーをつけたのに、窓を開けてみたら実は外のほうが涼しかった!ということが時たまあります。
0139.jpg
たいていのクーラーは『室内温度』『設定温度』しか表示しませんが、『室外温度』も表示してくれると無駄な電力を使わなくてすむというものです。

ナニ、窓を開ければすぐわかるって? ごもっとも。

たのんます
posted by にあごのすけ at 21:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「住」アイデア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月21日

アリバイをつくる

ちょっと変わったブログを見たことがある。

ブログの主は、病と闘っている女性。日々の闘病生活をブログにつづる。ところが女性は、不幸にも亡くなってしまう。

だが本人が亡くなったあとも、ブログは更新され続けているのである。それも本人によってである。亡くなった1年後やクリスマスなど、節目に本人によるコメントがブログに投稿される。

タネを明かせば彼女は、ブログの「投稿日付指定」機能を使っていたのである。亡くなる前に、日付指定した記事をたくさん書き残していたらしい。今後も数年間は、彼女による記事投稿があるわけである。

感動的ではあるが、どこか奇妙な話ではある。

映画バッファロー'66で、ヴィンセント・ギャロ演じるヘタレなチンピラが、友人に奇妙な頼みごとをするシーンがある。

チンピラははめられて、数年間刑務所暮らしをするはめになる。ところがそんなことは、両親に口が裂けても言えない。親が怖くてたまらんのである。

そこで彼は友人を呼んで頼みごとをする。

「オレは遠いところに仕事に行っていることにするから。おとんの誕生日にはこれを実家に郵送してくれ。おかんの誕生日にはこれ、クリスマスカードはこれだ。間違えるなよ! オレが監獄にいるなんてバレたら困るんだ!!」

友人はいやいやそれを引き受ける。

され、こんな感じの「アリバイサービス」なんてどうでしょう。
0137.jpg
数年間にわたって、ブログの更新やSNSへの書き込みをしてくれる。友人知人への年賀状も出してくれる。

その間、自分は浮世を離れて世界を放浪するなり、インドにこもって修行するなり、単純に自分の家にひきこもるなり、好きなことをすればよい。

もちろんこれをするにあたっては金が必要だ。

まあ、金があって好きなことをするんであれば、別に姿をくらます必要はないとも言えるが。世間のしがらみから一時的に自由になりたい人のために。

たのんます
posted by にあごのすけ at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会アイデア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月20日

シャツのしわを伸ばす!

これは僕のやりかたがマズイんだかどうだかわからないが、シャツを洗濯して干すと、決まってクシャクシャになってしまうのだ。

アイロンは持っているが、かけるのは面倒だ。シャツをひっぱってみたり本の下敷きにしてみたりと色々試みるが、いったんついてしまったシワはなかなかしぶとく、元に戻らない。

結局ヤケクソになって、「着ているうちに伸びるだろう」とあきらめ、そのまま着てでかける(実際、着ているうちにシワはちょっとマシになる)。

シャツをシワなく干すために、こんなハンガーはどうだろう。
0136.jpg
人のカタチをしたハンガー

こいつにシャツを着せて干すのだ。

タコの天日干しをしているところを想像してほしい。全体をピンとひっぱった状態で干す。これをやれば、シャツだってシワなく乾燥すると思うのだが。

たのんます
posted by にあごのすけ at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「衣」アイデア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。